MENU

ペットのしつけ

犬は賢い動物です。

しかし、ペットとして育てるためにはきちんとしつけをする必要があります。

そのしつけについて考えてみましょう。

ペットがかわいいとつい甘やかしてしまいがちです。

しかし、それは結果的にペットにとっていいことではありません。

しつけは人間の場合と同じことなのですが、適度に厳しくしておく必要があります。

犬などのしつけ方についてはいろいろな本が出ています。

それらを参考にするとよいでしょう。

また、動物の種類によってその習性が違いますから、同じようなしつけは意味がありません。

犬と猫に同じしつけはできないということです。

多くの人がペットを自分の子どもか家族と考えがちですが、それは思い込みにすぎません。

現実としては餌を与える人間と餌を与えられるペットと言う関係なのです。

動物によっては人間の気持ちを敏感に感じ取ることができるものもいます。

しかし、それは限られています。

近年のようにペットにする動物の種類が増えてきますと、しつけをどのようにすればいいのか分からない人も増えてきています。

しつけどころか、育て方を知らないというケースもあるのです。

どのような食べ物を与えればいいのか、夜行性なのかどうかと言ったことはペットを飼う時に基本的な知識として持っておかなければならないのです。

犬や猫などは比較的昔から飼われていましたから、しつけ方が一般的な知識として知られています。

それ以外の動物を飼うのであれば、その知識を持っているペットショップの店員などに確認しておくことが大事です。