MENU

ペットの猫

猫をペットとして飼う時に考えておかなければならないことを紹介しましょう。

よく言われるように犬と猫では同じペットでもまったく習性が違います。

猫は基本的に単独行動です。

群れをなすことがありません。

したがって、ペットとして飼っていても、買主に対する忠誠心と言ったものは持たないのです。

自分の家の猫が言うことを聞かないというのは当たり前と言うことです。

猫は自分の行動を自分の判断で決めると言うことです。

そのため、猫はプライドが高いということとマイペースであると言えます。

しつけの本などを見ても、犬のしつけのことはたくさん書いてありますが、猫のしつけのことはほとんどありません。

無理やりしつけをしようとすると、逆に引っかかれてしまうと言うことになるのです。

そのような猫の習性を理解してから飼わなければなりません。

ペットと言っても人間の所有物にはならないということです。

それから、猫には縄張りという意識があります。

ですから、他の猫が自分の縄張りに入ってくると、強烈に威嚇するのです。

それが人間であっても同じことなのです。

また、発情期や子育ての期間になるとそれは顕著に表れます。

そのような時は触らぬ神に祟りなしと言う態度しかありませんね。

家の中でも猫は自分が一番偉いと考えているのです。

もちろん、家の中だけで飼っている場合には縄張りの意識は少し違ってきます。

他の猫がいるわけではないからです。

また、人間に対して威嚇しても効き目がないとわかっているのです。

このような習性をよく知って仲良く付き合うことですね。