MENU

ペットと火葬

家族同様の暮らしをしてきたペットが死んでしまった時には人間と同じように火葬をするケースが多くなりました。

ペットはもはや人間にとってなくてはならない存在になっているのです。

ペット専門の火葬をしてくれるところやペット霊園などがあります。

そのことについて考えてみましょう。

ペットの火葬ができるようになってきたと言っても、それほどポピュラーなわけではありません。

火葬をしてくれるところもまだ限られているのです。

そのような中でせっかくの火葬をしたのに満足できなかったとか、ペットが粗末に扱われたという気持ちを持っている人も少なくありません。

火葬業者の方にまだまだ「たかがペット」と言った意識があることは間違いないでしょう。

ですから、火葬を頼む時には業者選定に注意を払いたいものです。

少なくとも2社以上で比較することが大事ですね。

ペットは飼い主にとっては家族同然なのですから、手厚く葬ってやることが必要なのです。

しかし、ペットを無くした悲しみからペットロスと言うことにならないようにしましょう。

人間の場合でもこどもを無くした親の気持ちを考えた時にはペットロスの気持ちがわからなくもありません。

しかし、人は死を乗り越えられるものなのです。

ペットの場合だけペットロス症候群と言うのは変ですね。

誰でも一人になって生きていかなければならないのです。

また、ペット霊園と言うものもありますから、その業者についても調べてみるといいでしょう。

信頼できる業者がこれから増えてくると思いますが、現在ではそうでもないことが残念です。