MENU

ペットと保健所

保健所はペットなどの動物に関する処理を行っています。

飼い主が放置したペットなどが保健所で飼育されています。

飼育期間はあまり長くありませんから、最終的には殺されてしまうのです。

保健所としても好んで殺しているわけではありません。

そのために、里親探しや譲渡会などを開いているようです。

ペットをショップから有料で購入することもいいのですが、保健所で無償で譲り受けると言う方法もあります。

もちろん、きちんと世話をされていますから、ペットとして飼うことに問題はありません。

保健所にいるペットはペット側に問題があったのではなく、飼い主側に問題があったと考えるべきでしょう。

保健所でペットをもらえるということはあまり知られていないようです。

保健所がペットを殺しているという話はよく聞くのですけどね。

保健所の職員の人もかわいそうだと思っているはずです。

しかし、ペットブームと言いながら捨てられるペットも多いのです。

また、子どもを産ませてしまって、世話ができなくなってしまう人も多いと言われています。

捨て犬や野良ネコは元をただせば、人間のエゴによるものなのです。

ペットの放置は一種の虐待行為と言えます。

動物愛護法ではそのような行為は処罰の対象となります。

ペットを飼っている人、これから飼おうとしている人はペットのことをよく理解してあげてください。

そして人間の都合で捨てたりすることのないようにしなければなりませんね。

家族として一緒に暮らしてほしいものです。

そのような人たちが多いことが救いですね。