MENU

ペットと動物愛護法

動物愛護法について紹介しましょう。

この法律の名前は聞いたことがあるのではないでしょうか。

しかし、具体的な内容となるとあまり知られていないのが実情です。

名称から何となく想像できるのですが、動物を虐待することなくかわいがりましょうという趣旨なのです。

すべてのペットは生き物ですから、その命を軽く扱ってはいけないということなのです。

またペットの場合はその飼い主に一定の責任を持たせています。

ペットショップで購入するのはいいのですが、そのまま屋外に放置することや感染症の予防などを怠った場合は罰則があります。

ペットを飼うことで人に迷惑をかけないということは当たり前のことですし、動物の健康にも留意しなければならないのです。

個人でペットを飼っている人は飼い主としての責任を果たさなければなりません。

また、商売としてペットを扱っている人に対しては別の責任があります。

また、ペットではなく展示物としての動物やいわゆる家畜、そして動物実験のための動物など、その状況は大きく異なっています。

同じ動物なのに運命は人の手の中にあるのです。

もちろん、動物を愛護しなければなりませんが、家畜や動物実験を否定することは現実的ではありません。

しかし、無用な殺戮が行われるようなことは決して許されないのです。

動物に接する人は、それぞれの立場での飼育に関するガイドラインを守る義務があります。

そのためには、それらの内容をきちんと知っておく必要があるのです。

商売の人だけではなく、個人の飼い主も同じことなのです。