MENU

ペットと食物

動物と人間は体のつくりが違いますから、食べ物として全く同じものではありません。

特に犬は雑食ですから、たいていのものは食べてしまいます。

しかし、ペットである前に動物ですから、食べてはいけないものがあるのです。

ペットに与えてはいけない食べ物について考えてみましょう。

多くの人が知識として知っておかなければなりません。

ペットの犬が中毒などを起こしてしまい、病院に連れていかなければならなくなるのです。

犬や猫にとって危険なものの代表はニンニクや玉ねぎです。

人間にとっては健康食品ですから、どこの家庭にもあるでしょう。

しかし、犬や猫にとっては中毒の元になるのです。

貧血や血尿を起こしてしまいます。

もちろん、個体差はありますが、ネギに含まれる物質が溶血反応を起こすのだそうです。

生の玉ねぎだけではなく、加熱したものも食べられませんから注意が必要です。

それから、量です。

人間にとって適量であっても体が小さい動物にとっては摂取量が多すぎる傾向にあります。

塩分や香辛料などはほとんど必要ないと考えておきましょう。

それから、意外なのですが生の肉もあまりよくありません。

本来ならば生の肉は犬や猫にとってはごちそうなのですが、通常販売されている肉は加熱を前提としています。

寄生虫などが含まれていることがあるからです。

また、生の魚も同じことなのです。

ペットには新鮮なものしか与えられないということでしょう。

いろいろな食べ物を与えるよりも、いつも決まったペットフードを与える方が安心できます。

人と同じ物を食べさせる時には十分しておいてください。